トップページ

    このサイトでは車買取一括査定のおすすめランキングを紹介しています。
    「車買取の一括査定ができるおすすめの車買取業者はどこ?」ということが知りたい場合は以下で紹介しているおすすめの車買取業者をチェックしてみてください。

    今乗っている車を高く買い取ってもらうために大切なことは、「複数の車買取業者に査定の依頼をして買取相場を知ること」です。1社だけの依頼や近所のディーラーで下取りをしてもらうというのは、買取相場よりも低く査定される可能性が高いので間違いなく損をします。

    車買取の一括査定を利用すれば数分で終わる簡単な入力だけで同時に複数社からの見積もりを比較することができるのでおすすめです。あなたの愛車を高く売るために是非利用してみてください。
    カーセンサー

     カーセンサーは、株式会社リクルートマーケティングパートナーズが運営するおすすめの車買取一括査定サービス。中古車情報ならカーセンサーと想像してしまうくらい人気のサービスなので安心して利用できます。
    提携している業者も1000社を超えてダントツ№1!最大50社へ車買取の査定依頼ができます。

    中古車の一括査定サービスは利用するとたくさんの買取業者から電話があることが多いのですが、カーセンサーの場合はメールでの連絡を希望すれば電話がないのでおすすめです。その上、地方でも対応していて利用は完全無料。

    「車買取の一括査定で今乗っている車の買取相場を知りたいけど、電話対応に追われるのはちょっとなあ…」と思っているならメールで査定額が分かるカーセンサーがおすすめです。






    ユーカーパック

     ユーカーパックは、入力後すぐに中古車の買取相場が表示されるうえに、個人情報が他社に渡らないので、電話連絡はユーカーパックからの電話1本のみという車買取業界では新しいサイト。

    最大2000社の車買取業者がオークションで概算価格を入札するので、あなたの車を高く売却できる車の買取業者が分かります。

    今までの車買取一括査定サイトなら、申し込むと複数の会社から見積もりの営業電話があるのが当たり前だったのですが、ユーカーパックで申し込めば電話は1本のみなので、電話の嵐に対応する必要もありませんし、強引な営業を心配しなくて済みます。
    車査定も自宅や提携ガソリンスタンドで1回だけ。

    査定も電話連絡も1度のみで最大2000社もの車買取業者が入札で買取価格を表示してくれるという今までにない画期的なサービスなのでおすすめできます。






    かんたん車査定ガイド

     かんたん車査定ガイドは、現在の年間利用者数が№1の車買取の一括査定サイトです。たったの45秒で入力が終わりますし、申し込みが終わるとすぐに中古車の買取相場が分かるので、「簡単にマイカーの買取相場が知りたい」と感じているならおすすめです。

    査定依頼後は複数の買取店から電話連絡が入りますが、JADRI(日本自動車流通研究所)の審査をクリアした優良企業のみと提携しているので、執拗なセールスをされる心配はありません。
    車買取業者から電話があった時は1社だけで即決せずに、複数の買取業者に査定依頼をすることで中古車の高価買取の可能性が高くなります。

    最大で10社が中古車の見積もり査定をしてくれるため、最高額を提示してくれた買取店にあなたの愛車を売りましょう。






    ズバット車買取比較

     ズバット車買取比較は、45秒の入力後すぐに中古車の買取相場が分かる代表的な一括査定サイト。
    提携業者も約220社と多く、複数の業者があなたの愛用を査定します。

    いくつもの車買取業者に査定の見積もりを依頼することで実際の査定額の差を比較してみることができるので、複数の買取業者に査定依頼をして長年愛用してきた車をちょっとでも高く買い取ってもらいましょう。

    累計の利用者数が100万人以上!と実績も十分ですし、カスタマーサポートも用意されているので困ったことがあっても安心です。






    楽天オート

     楽天オートは、そのサービス名でわかるように楽天株式会社が運営している車買取一括査定サイト。
    査定依頼だけでも楽天5ポイント、買取が成立すればさらに1500ポイントを貯めることができるので普段から楽天を使っている場合は利用したくなるサイトです。

    長年乗ってきた車を高く売って、さらに楽天ポイントをもらえるのは嬉しいですよね。
    提携先会社は100社以上と他のサービスと比べると少なめですが、最大で10社の買取業者が中古車の査定してくれます。

    楽天オートのサイトではディーラーでの下取りと一括査定で売却した場合の価格差がいくつか紹介されているので、一度チェックしてみてください。







    いくつかの業者から見積もりを出すことを一般的に相見積もりを取るといいます。

    これをどこにいても実施できるようにしたのが、オンラインで簡単に利用できる中古車の無料一括査定サイトなのです。

    それ以外にも、相見積もりの意味はあって、同じ時間に複数の中古自動車査定士に売却希望車を実際に見積もってもらって、皆で一様に査定額を提示してもらうというケースもこれに相当します。

    これを嫌がる買取業者も中には存在しますが、大部分は相見積もりをOKして貰えることでしょう。

    ネット上の中古車一括査定サイトなどを使って確認できる査定額は、詳細な査定基準ではなく簡易的に算出した査定額となっています。

    自分と全く同じ車種の同じ年式の車だったとしても、一台一台状態は同じではありませんから、個々の細かい事情を考慮した査定金額は車を目の前で査定しないことにはなんとも言えません。

    そういうわけで、ネットで前もって調べた通りの査定額が本当の買取金額になるわけではないので、自分で覚えておく必要があるでしょう。

    車の査定を依頼するときには、ひとつの店舗だけではなくて沢山の業者に見積もりを依頼してから売却先の業者を決定するのが、なるべく高く車を売却する上で注意することのひとつと言えます。

    複数の業者に同時刻に見積もりに来てもらうよう手配して、みなが査定額を競争せざるを得ない状況を作り出すのも有益な手段となるでしょう。

    マナー違反のように感じる人もいるかもしれませんが、これは良くあることなので、気に病む必要はありません。

    話は変わって、契約の時には売買にあたって契約書の全文を充分に読むことが重要になってくるでしょう。

    一括査定サイトを使って中古車の売却をするように、自動車保険専門の一括見積サイトといったものも登場しています。

    毎年更新される自動車保険というのは貯蓄部分がなく、満期になろうと一銭も戻ってこない掛け捨ての保険ですから、好条件を提示している他社があるのなら切り替えた方が得であるのは明らかです。

    引越や生命保険の見積りサイトなどと同じで誰でも無償で利用できるのが特徴です。

    手軽に複数の会社の保険内容と掛金を比べることもできます。

    常に最新の保険データなのも嬉しいところです。

    乗っていると気になるタイヤの状態ですが、中古車の査定においては価格に対する影響が少ないものです。

    けれどもスタッドレスタイヤを使用しているなら、可能なかぎりノーマルタイヤにしてから査定に出すことを推奨します。

    スタッドレスだからといって買取拒否されることこそないものの、積雪の多い地域でないと業者は通常のタイヤにつけかえてから中古車市場に流通させるという余計な手間がかかります。

    結局、その手数料として見積額から引いておくわけです。

    手元に普通タイヤがある人ならぜひ交換しておくべきです。

    返済が終わっていない状態で車を売却する場合、残債を払ってしまわないと売却できません。

    というのは、返済中はローン会社が車の所有権を持っているため、名義もローン会社であることが普通だからです。

    残っていたローンを車を売却する以前に払い終えてしまえるようでしたら問題ないものの、不可能であれば無理をせず、買取額を使って債務の残りを差し引くというやりかたもあります。

    ローン会社の承諾を得れば可能という条件つきですが、その場合は必要書類も多くなります。

    頑張って複数の会社に査定してもらったのに買い取ってくれる会社が見つからなかったら、廃車手前の車を専門に扱う業者に相談してみるのも手です。

    複数業者にタダ同然の査定結果をつけられた車も、使えるパーツ単位で査定していくため、値段もつきますし、引き取れないと言われることもありません。

    ほかに出来ることといえば廃車処分ですが、自分で骨折りをするのに比べたらプロに任せるほうがラクですし、なにより早いです。

    専門業者に委託する最大の利点といえば、多忙な所有者に代わって廃車手続きをしてくれることですし、その上、基本的に車の引取りが無料ということが挙げられます。

    車を買い換える際に古い車が不要になるので、ディーラーに下取りしてもらうというのはよく聞く話です。

    車でディーラーに行けば購入の商談中に下取り査定も済んでしまいますから、自分で買取業者を見つけて売るのと違って買い替えにかかる手間は半分で済みます。

    ただ、買取(下取)金額という点で見るとディーラーと中古車屋では、一般に下取りのほうが安価になることが挙げられます。

    高値売却を望むのでしたら、少々手間をかけてでも買取業者に査定してもらったほうが良いでしょう。

    親友などに愛車を買い取ってもらう場合には、代金の支払いなどの約束事が曖昧になりやすいですね。

    車売却はそもそも大きな金額が動く行為です。

    例えいくら親密な関係の友達であったとしても、いつまでに名義変更をしてもらうかや、車をいくらで売るか、お金をいつまでにどのように支払ってもらうかなど、重要な項目に関しては書き残しておくと良いでしょう。

    念書に残すのを嫌がる相手では、後からいざこざが起きても仕方がないため、売却するのを考えた方が良いかも知れませんね。