トップページ

    このサイトでは車買取一括査定のおすすめランキングを紹介しています。
    「車買取の一括査定ができるおすすめの車買取業者はどこ?」ということが知りたい場合は以下で紹介しているおすすめの車買取業者をチェックしてみてください。

    今乗っている車を高く買い取ってもらうために大切なことは、「複数の車買取業者に査定の依頼をして買取相場を知ること」です。1社だけの依頼や近所のディーラーで下取りをしてもらうというのは、買取相場よりも低く査定される可能性が高いので間違いなく損をします。

    車買取の一括査定を利用すれば数分で終わる簡単な入力だけで同時に複数社からの見積もりを比較することができるのでおすすめです。あなたの愛車を高く売るために是非利用してみてください。
    カーセンサー

     カーセンサーは、株式会社リクルートマーケティングパートナーズが運営するおすすめの車買取一括査定サービス。中古車情報ならカーセンサーと想像してしまうくらい人気のサービスなので安心して利用できます。
    提携している業者も1000社を超えてダントツ№1!最大50社へ車買取の査定依頼ができます。

    中古車の一括査定サービスは利用するとたくさんの買取業者から電話があることが多いのですが、カーセンサーの場合はメールでの連絡を希望すれば電話がないのでおすすめです。その上、地方でも対応していて利用は完全無料。

    「車買取の一括査定で今乗っている車の買取相場を知りたいけど、電話対応に追われるのはちょっとなあ…」と思っているならメールで査定額が分かるカーセンサーがおすすめです。






    ユーカーパック

     ユーカーパックは、入力後すぐに中古車の買取相場が表示されるうえに、個人情報が他社に渡らないので、電話連絡はユーカーパックからの電話1本のみという車買取業界では新しいサイト。

    最大2000社の車買取業者がオークションで概算価格を入札するので、あなたの車を高く売却できる車の買取業者が分かります。

    今までの車買取一括査定サイトなら、申し込むと複数の会社から見積もりの営業電話があるのが当たり前だったのですが、ユーカーパックで申し込めば電話は1本のみなので、電話の嵐に対応する必要もありませんし、強引な営業を心配しなくて済みます。
    車査定も自宅や提携ガソリンスタンドで1回だけ。

    査定も電話連絡も1度のみで最大2000社もの車買取業者が入札で買取価格を表示してくれるという今までにない画期的なサービスなのでおすすめできます。






    かんたん車査定ガイド

     かんたん車査定ガイドは、現在の年間利用者数が№1の車買取の一括査定サイトです。たったの45秒で入力が終わりますし、申し込みが終わるとすぐに中古車の買取相場が分かるので、「簡単にマイカーの買取相場が知りたい」と感じているならおすすめです。

    査定依頼後は複数の買取店から電話連絡が入りますが、JADRI(日本自動車流通研究所)の審査をクリアした優良企業のみと提携しているので、執拗なセールスをされる心配はありません。
    車買取業者から電話があった時は1社だけで即決せずに、複数の買取業者に査定依頼をすることで中古車の高価買取の可能性が高くなります。

    最大で10社が中古車の見積もり査定をしてくれるため、最高額を提示してくれた買取店にあなたの愛車を売りましょう。






    ズバット車買取比較

     ズバット車買取比較は、45秒の入力後すぐに中古車の買取相場が分かる代表的な一括査定サイト。
    提携業者も約220社と多く、複数の業者があなたの愛用を査定します。

    いくつもの車買取業者に査定の見積もりを依頼することで実際の査定額の差を比較してみることができるので、複数の買取業者に査定依頼をして長年愛用してきた車をちょっとでも高く買い取ってもらいましょう。

    累計の利用者数が100万人以上!と実績も十分ですし、カスタマーサポートも用意されているので困ったことがあっても安心です。






    楽天オート

     楽天オートは、そのサービス名でわかるように楽天株式会社が運営している車買取一括査定サイト。
    査定依頼だけでも楽天5ポイント、買取が成立すればさらに1500ポイントを貯めることができるので普段から楽天を使っている場合は利用したくなるサイトです。

    長年乗ってきた車を高く売って、さらに楽天ポイントをもらえるのは嬉しいですよね。
    提携先会社は100社以上と他のサービスと比べると少なめですが、最大で10社の買取業者が中古車の査定してくれます。

    楽天オートのサイトではディーラーでの下取りと一括査定で売却した場合の価格差がいくつか紹介されているので、一度チェックしてみてください。







    中古車を高値で売ろうとして車の買取専門業者と査定金額の交渉を行う際に肝心になってくるのは、自分から安易に希望の査定額を言わないことです。

    相場価格を事前に確認しているのならまだ良いのですが、チェック済みではないのならば実際の査定相場よりもグッと低い金額を自分から言ってしまう可能性が出てくるので、価格を低めに言ったときには確実に損します。

    価格交渉をスタッフとしようと思っているのならば、交渉する前にはきちんと下調べして相場を把握しておかないといけませんね。

    あちこち中古車買取店舗巡りをせずに、中古車の見積もり可能なWEBサイトはあっちにもこっちにも出来ています。

    サイト上で算出した金額よりももっと詳しい価格は査定士が現実的にその車の状態を見積もってみないことには一口では計算できないでしょうが、たくさんの買取業者の見積もりを同時に瞬時に知ることが可能ですから、自分の車が現時点でどの程度の資産価値があるのかが分かって大変参考になります。

    もっというと、極端に相場とズレた値段を提示してくる業者を実際に車を売る店から除外することが可能です。

    車の査定金額が下がる主な原因は何点か挙げられますが、大幅に査定額を低下させる原因のもっともたるものは、その車が事故や故障で修理歴があるということです。

    場合により見積金額が0にまで低下する場合もあるのです。

    でも、故障および事故で修理したことがあると絶対に「修理歴車」になるというものではなくて、売却希望の車の骨格相当部分までダメージが行っていて、その大きな傷を修理して直したのが修理歴車です。

    中古車買取業者のほとんどは夜でも実車査定に応じてくれるものです。

    暗い時間に査定するほうが昼に比べて車体のへこみや傷といったアラが見えにくいため、減点が少なくて済むので結果的に高めの査定を得られると言われています。

    けれども、実際にはそれほどの違いはありません。

    平日の査定となると夜間の指定は珍しくありませんが、なるほど夜間は光源が乏しく、天気の悪い日には見にくいというのは事実ですから、不慣れな査定士だと多少の見落としはないとは言えません。

    ただ、それはあくまでも可能性の話です。

    その一方で、磨き上げられてピカピカの車体は昼間の自然光でこそ美しさが際立ちます。

    ですから、専門家はそれらを踏まえた上で見るので、天候を選ぶ意味はほとんどないでしょう。

    新車の価格は変わりませんが中古車の場合は市場価値がどんどん変化していきます。

    したがって査定時に提示された見積額にはその価格での買取りを保証する有効期限があります。

    査定見積書のどこかに記載があるものですが、なければ分からなくなりますので、見積りを出してくれた担当者に有効期限をしっかり確認することが不可欠です。

    有効期限の設定は、長いところで2週間を見込んでおけば良いですが、中古車の相場の変動が大きい時期になると、短めの設定になることが当たり前です。

    買取業者が車の代金を振り込んでくるのは、契約書に署名捺印してからだいたい一週間後となります。

    訪問査定当日に契約を約束したところで、所有者側で用意する書類が足りなかったり、実印が見当たらないなんてことになれば、契約締結には至らず、ただ「約束した」だけになります。

    印鑑証明などは役所に行かなければ取れませんし、早く入金してほしければ、業者による査定の前に、書類を整えておく必要があります。

    また、書類は軽乗用車と普通乗用車とでは異なるため注意してください。

    また、住所や姓などの個人情報が変わっている人も別途書類が必要になります。

    たとえ自動車ローンが残っていようと場合によっては車を売ることもできます。

    もっとも、車検証の所有者が売主であることが条件です。

    そこにまだローン会社の名前が記載されている状態では、残債を返済しきるまでの間は当面、所有者はそこに記載されている会社ということになります。

    つまり、ローンが終わってからでなければ売ろうにも売ることが出来ないのです。

    もっとも、ローン会社の許諾が貰えるようでしたら、業者の提示した買取額をもって返済にあてるということも可能です。

    自動車を所有しているということは、たくさん乗っていても乗らなくても維持費用がかかってきます。

    自動車税は毎年で、二年に一度の車検代、その上自動車保険費用も必要になってきます。

    更にいうと、駐車場付きの持ち家でなければ、パーキング代も余計にかかるのです。

    自分が持っている車を手放そうかどうしようか悩んでいる場合には、少なくはない維持費用を払ってでも乗り続けたいのかという見方で考えてみれば、売却するべきかどうかに白黒つけやすいのではないでしょうか。

    車を売却しようとして見積もりに出す際に前もって良く洗っておく事は、査定額にダイレクトに反映するわけではないのですが幾らかでも高額に見積もってもらいたいと考える全ての人に実行してもらいたいことです。

    現実的にはピカピカに洗車してあってもそうでなくても、査定額はそうそう変化するものではないのです。

    しかしながら、自分は今まで車の扱いが丁寧だったという事を結果的にアピールすることに繋がるのです。

    扱いが粗雑なオーナーよりも買取会社は信頼感がアップするでしょうから、最終的に査定額が高く付くことになるでしょう。