トップページ

    このサイトでは車買取一括査定のおすすめランキングを紹介しています。
    「車買取の一括査定ができるおすすめの車買取業者はどこ?」ということが知りたい場合は以下で紹介しているおすすめの車買取業者をチェックしてみてください。

    今乗っている車を高く買い取ってもらうために大切なことは、「複数の車買取業者に査定の依頼をして買取相場を知ること」です。1社だけの依頼や近所のディーラーで下取りをしてもらうというのは、買取相場よりも低く査定される可能性が高いので間違いなく損をします。

    車買取の一括査定を利用すれば数分で終わる簡単な入力だけで同時に複数社からの見積もりを比較することができるのでおすすめです。あなたの愛車を高く売るために是非利用してみてください。
    カーセンサー

     カーセンサーは、株式会社リクルートマーケティングパートナーズが運営するおすすめの車買取一括査定サービス。中古車情報ならカーセンサーと想像してしまうくらい人気のサービスなので安心して利用できます。
    提携している業者も1000社を超えてダントツ№1!最大50社へ車買取の査定依頼ができます。

    中古車の一括査定サービスは利用するとたくさんの買取業者から電話があることが多いのですが、カーセンサーの場合はメールでの連絡を希望すれば電話がないのでおすすめです。その上、地方でも対応していて利用は完全無料。

    「車買取の一括査定で今乗っている車の買取相場を知りたいけど、電話対応に追われるのはちょっとなあ…」と思っているならメールで査定額が分かるカーセンサーがおすすめです。






    ユーカーパック

     ユーカーパックは、入力後すぐに中古車の買取相場が表示されるうえに、個人情報が他社に渡らないので、電話連絡はユーカーパックからの電話1本のみという車買取業界では新しいサイト。

    最大2000社の車買取業者がオークションで概算価格を入札するので、あなたの車を高く売却できる車の買取業者が分かります。

    今までの車買取一括査定サイトなら、申し込むと複数の会社から見積もりの営業電話があるのが当たり前だったのですが、ユーカーパックで申し込めば電話は1本のみなので、電話の嵐に対応する必要もありませんし、強引な営業を心配しなくて済みます。
    車査定も自宅や提携ガソリンスタンドで1回だけ。

    査定も電話連絡も1度のみで最大2000社もの車買取業者が入札で買取価格を表示してくれるという今までにない画期的なサービスなのでおすすめできます。






    かんたん車査定ガイド

     かんたん車査定ガイドは、現在の年間利用者数が№1の車買取の一括査定サイトです。たったの45秒で入力が終わりますし、申し込みが終わるとすぐに中古車の買取相場が分かるので、「簡単にマイカーの買取相場が知りたい」と感じているならおすすめです。

    査定依頼後は複数の買取店から電話連絡が入りますが、JADRI(日本自動車流通研究所)の審査をクリアした優良企業のみと提携しているので、執拗なセールスをされる心配はありません。
    車買取業者から電話があった時は1社だけで即決せずに、複数の買取業者に査定依頼をすることで中古車の高価買取の可能性が高くなります。

    最大で10社が中古車の見積もり査定をしてくれるため、最高額を提示してくれた買取店にあなたの愛車を売りましょう。






    ズバット車買取比較

     ズバット車買取比較は、45秒の入力後すぐに中古車の買取相場が分かる代表的な一括査定サイト。
    提携業者も約220社と多く、複数の業者があなたの愛用を査定します。

    いくつもの車買取業者に査定の見積もりを依頼することで実際の査定額の差を比較してみることができるので、複数の買取業者に査定依頼をして長年愛用してきた車をちょっとでも高く買い取ってもらいましょう。

    累計の利用者数が100万人以上!と実績も十分ですし、カスタマーサポートも用意されているので困ったことがあっても安心です。






    楽天オート

     楽天オートは、そのサービス名でわかるように楽天株式会社が運営している車買取一括査定サイト。
    査定依頼だけでも楽天5ポイント、買取が成立すればさらに1500ポイントを貯めることができるので普段から楽天を使っている場合は利用したくなるサイトです。

    長年乗ってきた車を高く売って、さらに楽天ポイントをもらえるのは嬉しいですよね。
    提携先会社は100社以上と他のサービスと比べると少なめですが、最大で10社の買取業者が中古車の査定してくれます。

    楽天オートのサイトではディーラーでの下取りと一括査定で売却した場合の価格差がいくつか紹介されているので、一度チェックしてみてください。







    いくつかの業者から見積もりを出すことを一般的に相見積もりを取るといいます。

    相見積もりを何時でも何処でも簡単に行えるのが、Webで利用可能な車の一括査定サイト。

    それ以外にも、相見積もりの意味はあって、複数の買取業者に同じ日の同じ時刻に実際の査定をしてもらって、皆で一様に査定額を提示してもらうというケースもこれに相当します。

    買取業者の中には相見積もりを嫌がるところもありますが、たいていは了承してもらえるでしょう。

    ウェブ上の中古車一括査定サイトを使うときのに短所になることと言ったら、利用した査定サイトに登録している中古車販売店から電話攻撃が一斉に始まることがあります。

    はじめは自分で利用したわけですし、仕方ないと言ってしまえばそれまでですが、とてもしつこく電話が掛かってくる際には、未だに車の売却先が決まっていないとしてもとっくに車を売ってしまって手元にないと出任せを言うのがうまく電話攻撃をかわす手段のひとつと言えますね。

    何も中古車販売店に限ったことではありませんが、売買に際して起こる可能性のあるトラブルは何点か考えられますが、中にはとても酷いケースもあります。

    査定額に納得して車を手放した後から、更にチェックしたところ不備が出てきたなどと実際の買取金額は随分低くなってしまったケースも多いのです。

    それよりも酷いケースになると、車だけ業者に渡すことになって、引き替えにお金が入らない場合もあるのです。

    悪質なケースに巻き込まれた場合には、すぐに最寄りの自治体などの消費者生活センターなどに相談に行かれることをお勧めします。

    車を中古買取業者に売却する場合、悪質な業者に騙されないようけして疎かにしてはいけない点があります。

    当たり前ですが、契約書にしっかり目を通すことです。

    契約書というのはあとになって「よく読んでいなかった」と言っても、本人が署名押印していれば読んで了承したことになり、法的にも有効です。

    営業マンの口約束と契約書の内容に差異はないか、特に値段、手数料といった金額に関連した文言はしっかり目を通す必要があります。

    表の文面だけでなく裏の小活字の文章や補足に至るまで読ませてもらい、契約書を交わすようにしましょう。

    どこに査定を頼んでも値段がつかないと言われてしまった時は、次の選択肢は2つしかありません。

    残しておいてもしょうがないので廃車にするか、過走行車や事故車など廃車手前の車を扱っている専門業者に売却するといったところでしょう。

    過走行車廃車専門の業者は引き取った車を単体で売ることはあまりなく、使えるところは分解してでも使うというやり方で流通させるのがどちらかといえば本業です。

    だからこそ普通の業者で断られるような車も買取が可能なのです。

    業者は廃車手続きの代行もしてくれるので、どうしたら良いか分からないという人でも安心です。

    車の走行距離にも目安があり、走行距離数の多い車は中古車業界では減点査定の対象となります。

    5万km超は多走行車といわれるあたりが減点対象ですが、10万を超えると過走行車となり、ほとんどの業者はゼロ円を提示してくるでしょう。

    しかしまったく売却不能というわけではなく、まだ道は残されています。

    過走行や多走行の車を専門とする業者に依頼すると、細かくパーツ分けした査定を行って、買い取ってくれます。

    残っている期間によっても異なりますが、自動車車検によって査定額が変わることがあるのです。

    当然ですが車検切れの車よりも車検が残っている方が有利です。

    有利とは言っても、車検の残り期間が1年以上なければそれほど見積金額に上乗せされることはないでしょう。

    車検期間が短いと査定アップしないからといって、車を手放す前に車検を通すようなことはしない方が良いでしょう。

    一般的に車検費用と査定アップされる金額では、前者の方が金額が高くなる場合がほとんどだからです。

    愛車を売却したときにその場でお金を持って帰りたいときには、即金に対応している買取業者を探してください。

    大々的に即金対応可能と明言していないところでも、中には相談すれば即金対応してくれるところもあります。

    でも、即金対応してもらう場合には、より高い見積金額は提示されなくなる可能性が高いことを覚えておいて下さい。

    即金対応にこだわるのかちょっとでも高く売却したいのか、どちらの方が自分の考えに近いのかよく考え、幾らかでも高く査定してもらいたいならばその場で現金を手にすることばかり考えるのはいささか早計といえます。

    中古車を査定に出す場合、タイヤの溝の減り具合も査定項目に含まれているので、減っていれば減点されてしまいます。

    溝が減っていると減点対象ですが、売るときに新しくタイヤを変えたとしてもかかった費用以上の上乗せは見込めないので、タイヤを履き替える必要はないのです。

    でも、履いているタイヤがスタッドレスならば、じっさいに見積もりを出してもらう前にスタッドレスではなくてノーマルタイヤに戻した方が良いでしょう。

    スタッドレスタイヤは時期や季節によって需要の有る無しがハッキリしているために、見積額が低下する要因になってしまうからです。