トップページ

    このサイトでは車買取一括査定のおすすめランキングを紹介しています。
    「車買取の一括査定ができるおすすめの車買取業者はどこ?」ということが知りたい場合は以下で紹介しているおすすめの車買取業者をチェックしてみてください。

    今乗っている車を高く買い取ってもらうために大切なことは、「複数の車買取業者に査定の依頼をして買取相場を知ること」です。1社だけの依頼や近所のディーラーで下取りをしてもらうというのは、買取相場よりも低く査定される可能性が高いので間違いなく損をします。

    車買取の一括査定を利用すれば数分で終わる簡単な入力だけで同時に複数社からの見積もりを比較することができるのでおすすめです。あなたの愛車を高く売るために是非利用してみてください。
    カーセンサー

     カーセンサーは、株式会社リクルートマーケティングパートナーズが運営するおすすめの車買取一括査定サービス。中古車情報ならカーセンサーと想像してしまうくらい人気のサービスなので安心して利用できます。
    提携している業者も1000社を超えてダントツ№1!最大50社へ車買取の査定依頼ができます。

    中古車の一括査定サービスは利用するとたくさんの買取業者から電話があることが多いのですが、カーセンサーの場合はメールでの連絡を希望すれば電話がないのでおすすめです。その上、地方でも対応していて利用は完全無料。

    「車買取の一括査定で今乗っている車の買取相場を知りたいけど、電話対応に追われるのはちょっとなあ…」と思っているならメールで査定額が分かるカーセンサーがおすすめです。






    ユーカーパック

     ユーカーパックは、入力後すぐに中古車の買取相場が表示されるうえに、個人情報が他社に渡らないので、電話連絡はユーカーパックからの電話1本のみという車買取業界では新しいサイト。

    最大2000社の車買取業者がオークションで概算価格を入札するので、あなたの車を高く売却できる車の買取業者が分かります。

    今までの車買取一括査定サイトなら、申し込むと複数の会社から見積もりの営業電話があるのが当たり前だったのですが、ユーカーパックで申し込めば電話は1本のみなので、電話の嵐に対応する必要もありませんし、強引な営業を心配しなくて済みます。
    車査定も自宅や提携ガソリンスタンドで1回だけ。

    査定も電話連絡も1度のみで最大2000社もの車買取業者が入札で買取価格を表示してくれるという今までにない画期的なサービスなのでおすすめできます。






    かんたん車査定ガイド

     かんたん車査定ガイドは、現在の年間利用者数が№1の車買取の一括査定サイトです。たったの45秒で入力が終わりますし、申し込みが終わるとすぐに中古車の買取相場が分かるので、「簡単にマイカーの買取相場が知りたい」と感じているならおすすめです。

    査定依頼後は複数の買取店から電話連絡が入りますが、JADRI(日本自動車流通研究所)の審査をクリアした優良企業のみと提携しているので、執拗なセールスをされる心配はありません。
    車買取業者から電話があった時は1社だけで即決せずに、複数の買取業者に査定依頼をすることで中古車の高価買取の可能性が高くなります。

    最大で10社が中古車の見積もり査定をしてくれるため、最高額を提示してくれた買取店にあなたの愛車を売りましょう。






    ズバット車買取比較

     ズバット車買取比較は、45秒の入力後すぐに中古車の買取相場が分かる代表的な一括査定サイト。
    提携業者も約220社と多く、複数の業者があなたの愛用を査定します。

    いくつもの車買取業者に査定の見積もりを依頼することで実際の査定額の差を比較してみることができるので、複数の買取業者に査定依頼をして長年愛用してきた車をちょっとでも高く買い取ってもらいましょう。

    累計の利用者数が100万人以上!と実績も十分ですし、カスタマーサポートも用意されているので困ったことがあっても安心です。






    楽天オート

     楽天オートは、そのサービス名でわかるように楽天株式会社が運営している車買取一括査定サイト。
    査定依頼だけでも楽天5ポイント、買取が成立すればさらに1500ポイントを貯めることができるので普段から楽天を使っている場合は利用したくなるサイトです。

    長年乗ってきた車を高く売って、さらに楽天ポイントをもらえるのは嬉しいですよね。
    提携先会社は100社以上と他のサービスと比べると少なめですが、最大で10社の買取業者が中古車の査定してくれます。

    楽天オートのサイトではディーラーでの下取りと一括査定で売却した場合の価格差がいくつか紹介されているので、一度チェックしてみてください。







    車を手放そうと決めたならば、なるべく早くやったことが良いこととして挙げられるのが、その車が今大体どの程度の資産価値があるかを知ることです。

    査定金額の相場を把握することにより異様に安く買い取りされる危険性を回避することが可能ですし、その車の状態から言って相場よりも高い価格を表示してくれた買取業者にその場で契約を決めてしまうことも出来てしまうのですね。

    Webで簡単に多くの店舗に車の一括査定をしてもらえるサイトがありますから、このようなホームページで相場の値段を知ることはとても簡単です。

    最近のことですが、中古自動車販売の最大手で通常のユーザー向けの中古車査定アプリを提供していますが、業界人に向けてリリースされた査定支援アプリもあるんです。

    たとえ査定業務にあまり携わったことがない人でもなるべく査定しやすくなるように開発されたアプリです。

    業務用の査定支援アプリと専用機器を一緒に使うと、これから見積もりを出そうとしている車の査定以前に何か理由があって修理に出したことがあるかを確認できる仕様になっている場合がほとんどでしょう。

    程度問題というところもありますが、車の中がヤニ臭いときには中古車売買の際にはマイナス査定の対象になります。

    タバコを吸っていたことが明らかに分かってしまう車は、タバコを吸わないユーザーには売ることが非常に困難だからです。

    車の中に残っているタバコの臭いの原因は、車の中のどこかに残っているヤニ汚れのはずです。

    売却する前にその車を一生懸命に掃除してあげれば、少なからずタバコの臭いを消すことが可能になるでしょう。

    ある程度を超えて走行した車というものは、業者の査定ではマイナスとなります。

    共通認識として多走行車は5万km以上走った車で、減点対象で安くなってしまいますが、過走行車と呼ばれる走行距離10万キロ以上の車だと、ほとんどの業者はゼロ円を提示してくるでしょう。

    しかしまったく売却不能というものではありません。

    ここは視点を変えてみましょう。

    過(多)走行車や事故車などを扱う専門業者でしたら、使用可能な部位ごとに価格を算出していき、けしてゼロ円などという結果にはなりません。

    自治体の消費生活相談窓口や国民生活センターにはいつも大量の中古車取引の不安、疑問、トラブルといった諸問題の相談がきます。

    近年はとくに売却(買取)絡みの電話が増加中で、一向に減る気配が見られません。

    一例を挙げると、買取一括査定サイトを通じて依頼したら夜間や仕事中にも電話がくる、勝手に査定に来ていて驚いた、違法ではないのかといった相談です。

    おかしいなと思ったら、契約のトラブル等を専門に受け付けるホットラインなどで相談してみることをお勧めします。

    基本的なことかもしれませんが、先に準備しておけば気持よく査定も迎えられますしより良い値段をつけてもらえることも多いです。

    丁寧に使ってきたことをアピールするためにも掃除は欠かせません。

    また、パーツを交換しているなら元のパーツが手元にあるなら付け替えておきましょう。

    ほとんどの業者の査定では純正パーツの車はプラスの査定がつく傾向にあります。

    それと、短い時間で売却したいなら事前に印鑑証明や納税証明書など必要書類を揃えておくと良いです。

    中古車の査定をするときに必要になってくるのは車検証のみですが、実際に売却すると決まったら必要書類をいくつか準備しなければなりません。

    普通自動車を売却するときには車検証のほかに印鑑証明書や実印、納税証明書や自賠責保険証やリサイクル券を用意することになります。

    これらのうち納税証明書の紛失に気付いたときには、普通自動車と軽自動車では再発行をお願いする場所が違うのです。

    売却する車が普通自動車ならば都道府県の税事務所で、それ以外の軽自動車のケースでは役所の窓口で再発行してくれます。

    売却予定の車の現物査定は、買取対象である車を業者のところへ持っていくか、出張査定サービスを利用するのもありです。

    自宅に業者が来ても構わないのであれば、査定士に出張してもらうことは、高値売却を狙えるということで売主側にとってはベターと言えます。

    この出張査定をうまく利用すると、一度にたくさんの業者に査定に来てもらえますから、契約を巡る価格競争の結果、売却価格がアップするわけです。

    自分とかなり親しい友達が愛車を購入したいと言ってきたときなどは、ややもすると支払いの約束などが適当になりがちです。

    車売却というのは本来大きな金額が動く行為ですね。

    どんなに親しい間柄だったとしても、じっさいにいくらで車を売るか、支払い方法や期限はどうするか、名義変更はいつまでに行うかなど、重要項目についてはしっかり念書に残して双方で保管するなどしましょう。

    口頭で軽く言い残すだけの人とは、後からいざこざが起きても仕方がないため、売却するのを考えた方が良いかも知れませんね。