トップページ

    このサイトでは車買取一括査定のおすすめランキングを紹介しています。
    「車買取の一括査定ができるおすすめの車買取業者はどこ?」ということが知りたい場合は以下で紹介しているおすすめの車買取業者をチェックしてみてください。

    今乗っている車を高く買い取ってもらうために大切なことは、「複数の車買取業者に査定の依頼をして買取相場を知ること」です。1社だけの依頼や近所のディーラーで下取りをしてもらうというのは、買取相場よりも低く査定される可能性が高いので間違いなく損をします。

    車買取の一括査定を利用すれば数分で終わる簡単な入力だけで同時に複数社からの見積もりを比較することができるのでおすすめです。あなたの愛車を高く売るために是非利用してみてください。
    カーセンサー

     カーセンサーは、株式会社リクルートマーケティングパートナーズが運営するおすすめの車買取一括査定サービス。中古車情報ならカーセンサーと想像してしまうくらい人気のサービスなので安心して利用できます。
    提携している業者も1000社を超えてダントツ№1!最大50社へ車買取の査定依頼ができます。

    中古車の一括査定サービスは利用するとたくさんの買取業者から電話があることが多いのですが、カーセンサーの場合はメールでの連絡を希望すれば電話がないのでおすすめです。その上、地方でも対応していて利用は完全無料。

    「車買取の一括査定で今乗っている車の買取相場を知りたいけど、電話対応に追われるのはちょっとなあ…」と思っているならメールで査定額が分かるカーセンサーがおすすめです。






    ユーカーパック

     ユーカーパックは、入力後すぐに中古車の買取相場が表示されるうえに、個人情報が他社に渡らないので、電話連絡はユーカーパックからの電話1本のみという車買取業界では新しいサイト。

    最大2000社の車買取業者がオークションで概算価格を入札するので、あなたの車を高く売却できる車の買取業者が分かります。

    今までの車買取一括査定サイトなら、申し込むと複数の会社から見積もりの営業電話があるのが当たり前だったのですが、ユーカーパックで申し込めば電話は1本のみなので、電話の嵐に対応する必要もありませんし、強引な営業を心配しなくて済みます。
    車査定も自宅や提携ガソリンスタンドで1回だけ。

    査定も電話連絡も1度のみで最大2000社もの車買取業者が入札で買取価格を表示してくれるという今までにない画期的なサービスなのでおすすめできます。






    かんたん車査定ガイド

     かんたん車査定ガイドは、現在の年間利用者数が№1の車買取の一括査定サイトです。たったの45秒で入力が終わりますし、申し込みが終わるとすぐに中古車の買取相場が分かるので、「簡単にマイカーの買取相場が知りたい」と感じているならおすすめです。

    査定依頼後は複数の買取店から電話連絡が入りますが、JADRI(日本自動車流通研究所)の審査をクリアした優良企業のみと提携しているので、執拗なセールスをされる心配はありません。
    車買取業者から電話があった時は1社だけで即決せずに、複数の買取業者に査定依頼をすることで中古車の高価買取の可能性が高くなります。

    最大で10社が中古車の見積もり査定をしてくれるため、最高額を提示してくれた買取店にあなたの愛車を売りましょう。






    ズバット車買取比較

     ズバット車買取比較は、45秒の入力後すぐに中古車の買取相場が分かる代表的な一括査定サイト。
    提携業者も約220社と多く、複数の業者があなたの愛用を査定します。

    いくつもの車買取業者に査定の見積もりを依頼することで実際の査定額の差を比較してみることができるので、複数の買取業者に査定依頼をして長年愛用してきた車をちょっとでも高く買い取ってもらいましょう。

    累計の利用者数が100万人以上!と実績も十分ですし、カスタマーサポートも用意されているので困ったことがあっても安心です。






    楽天オート

     楽天オートは、そのサービス名でわかるように楽天株式会社が運営している車買取一括査定サイト。
    査定依頼だけでも楽天5ポイント、買取が成立すればさらに1500ポイントを貯めることができるので普段から楽天を使っている場合は利用したくなるサイトです。

    長年乗ってきた車を高く売って、さらに楽天ポイントをもらえるのは嬉しいですよね。
    提携先会社は100社以上と他のサービスと比べると少なめですが、最大で10社の買取業者が中古車の査定してくれます。

    楽天オートのサイトではディーラーでの下取りと一括査定で売却した場合の価格差がいくつか紹介されているので、一度チェックしてみてください。







    売買予定の車の見積額が下がってしまう原因には何点かありますが、最も大きな査定低下の要因は、売ろうとしている中古車が過去に修理をしたことがある場合です。

    場合により見積金額が0にまで低く査定されてしまう事もあることを覚えておくと良いでしょう。

    しかしながら、事故や故障で修理してしまうと必ずしも修理歴車と呼ばれるわけではなくて、売却希望の車の骨格相当部分までダメージが行っていて、その損傷を修理したものが「修理歴車」です。

    多いか少ないかの程度も関係してきますが、タバコの臭いが車内にこもっているときには買取の見積もりをする際にマイナスになります。

    喫煙の形跡がある車というものは、中古車を禁煙車として買おうと思っている方には売ることが非常に困難だからです。

    タバコの臭いが車内からする要因は、内装のどこかに付着しているヤニ汚れですね。

    買い取りに出す前に徹底的に車内をキレイにすることで、少なからずタバコの臭いを消すことが可能になるでしょう。

    できるだけ多くの買取業者に査定をお願いした上で実際の売却先を決定するのが、中古車売却を成功させる秘訣のひとつでしょう。

    同じ時刻に何社かの査定士に見てもらって、査定額を競争させるというのも有利にはたらく方法です。

    マナー違反のように感じる人もいるかもしれませんが、これは良くあることなので、特に心配する必要などないのです。

    話は変わって、契約の時には売買契約書の全文をしっかりと把握してから契約することも必要です。

    業者に車を売却するときの心得として、あとでトラブルにならないためにも必ずしておくことといえば、簡単にいえば、契約書をよく読むことです。

    契約書というのはあとになって「よく読んでいなかった」と言っても、各自が署名捺印すれば「納得したもの」と見なされ、効力が生じます。

    契約書はあらかじめ合意に達した内容通りに作成されているのか、そして金額に関する文言はよく読んで理解しておく必要があります。

    細かいところまで読んでからそれで良ければハンコを押すようにしましょう。

    急かす業者は論外です。

    年間走行距離数は1万キロ前後と想定されています。

    総走行距離数が5万キロを超えたところで走行距離が長い多走行車と言われるようになり、買取査定の際にはしっかり減点されます。

    また、いわゆる過走行車(総走行距離10万km以上)までいってしまうとタダ同然の査定になり、場合によっては引き取りを拒否されることもあります。

    また、走行距離でいうと、短すぎるというのも実はあまり良いとは言えません。

    例えば年式のいった車の場合、走行距離があまりにも短いと外観からは見て取れない部分の状態が非常に悪くなっている場合があり、あまり歓迎されません。

    中古車屋に車で行って現物査定を受けるつもりであれば、お店が特に混雑しているような土休日などでなければ予約は要りません。

    ただ、飛び込み査定のときは他社の査定と比較することができないために相場に無知なままで売却することになります。

    従って市場相場を下回る値段で売却するなどという可能性も否めません。

    同じ査定なら出張査定で、多くの業者に見積りを出してもらうほうが価格面で良い結果が得られるので、いま一度考えなおしてみましょう。

    半ば粗大ゴミのような状態になってしまっている、もうすでに車検切れになっている中古車でも売却はできるのです。

    売ることはできますが、もうすでに車検が切れてしまっているということは一般道を走らせることは禁止されていますから、現地まで査定士に来てもらって見積もりを依頼しましょう。

    普通の自動車以外にも車検切れでもOKのところならば、車の引き取りにお金がかからないところが多いはずです。

    付け加えると、事前に車検を通してから売ることはあまり意味がないので止めた方が無難です。

    車検を通すのにかかる費用の方が大抵の場合は査定金額に上乗せされる金額よりも高く付いてしまうからです。

    何ヶ月間程度残っているかによっても違いますが、車検は自動車査定の金額に影響を与えます。

    車検切れの自動車よりも、もちろん車検が長く残っている自動車の方が良いに決まっています。

    しかしながら、車検の残りも1年残っていないようだとほぼ査定額に影響を与えません。

    車検切れが間近だと見積もりが下がるからと言って、車を手放す前に車検を通すようなことはしない方が良いでしょう。

    車検の為に支払う費用と査定時に車検を通したことによってアップされる金額とでは、車検費用の方が高く付くことがほとんどだからです。

    一般的に中古車を見積もりする場合には、目につくキズや凹みが存在すれば見積もりの際に減額されることがほとんどです。

    このような場合、自分の判断で修理するのはあまり勧められませんね。

    修理の腕に長けていなければ、ちょっと見ただけではきちんと直っているように見えても専門家の目で見るとそれ程綺麗に修理されていないケースもあるのです。

    しかしながら、売却前に修理を通した方が良いわけではありませんから気をつけてください。

    きちんと修繕するために使った金額以上に査定額がプラスされることはなく、結果的に損をする形になる可能性が高いからです。