トップページ

    このサイトでは車買取一括査定のおすすめランキングを紹介しています。
    「車買取の一括査定ができるおすすめの車買取業者はどこ?」ということが知りたい場合は以下で紹介しているおすすめの車買取業者をチェックしてみてください。

    今乗っている車を高く買い取ってもらうために大切なことは、「複数の車買取業者に査定の依頼をして買取相場を知ること」です。1社だけの依頼や近所のディーラーで下取りをしてもらうというのは、買取相場よりも低く査定される可能性が高いので間違いなく損をします。

    車買取の一括査定を利用すれば数分で終わる簡単な入力だけで同時に複数社からの見積もりを比較することができるのでおすすめです。あなたの愛車を高く売るために是非利用してみてください。
    カーセンサー

     カーセンサーは、株式会社リクルートマーケティングパートナーズが運営するおすすめの車買取一括査定サービス。中古車情報ならカーセンサーと想像してしまうくらい人気のサービスなので安心して利用できます。
    提携している業者も1000社を超えてダントツ№1!最大50社へ車買取の査定依頼ができます。

    中古車の一括査定サービスは利用するとたくさんの買取業者から電話があることが多いのですが、カーセンサーの場合はメールでの連絡を希望すれば電話がないのでおすすめです。その上、地方でも対応していて利用は完全無料。

    「車買取の一括査定で今乗っている車の買取相場を知りたいけど、電話対応に追われるのはちょっとなあ…」と思っているならメールで査定額が分かるカーセンサーがおすすめです。






    ユーカーパック

     ユーカーパックは、入力後すぐに中古車の買取相場が表示されるうえに、個人情報が他社に渡らないので、電話連絡はユーカーパックからの電話1本のみという車買取業界では新しいサイト。

    最大2000社の車買取業者がオークションで概算価格を入札するので、あなたの車を高く売却できる車の買取業者が分かります。

    今までの車買取一括査定サイトなら、申し込むと複数の会社から見積もりの営業電話があるのが当たり前だったのですが、ユーカーパックで申し込めば電話は1本のみなので、電話の嵐に対応する必要もありませんし、強引な営業を心配しなくて済みます。
    車査定も自宅や提携ガソリンスタンドで1回だけ。

    査定も電話連絡も1度のみで最大2000社もの車買取業者が入札で買取価格を表示してくれるという今までにない画期的なサービスなのでおすすめできます。






    かんたん車査定ガイド

     かんたん車査定ガイドは、現在の年間利用者数が№1の車買取の一括査定サイトです。たったの45秒で入力が終わりますし、申し込みが終わるとすぐに中古車の買取相場が分かるので、「簡単にマイカーの買取相場が知りたい」と感じているならおすすめです。

    査定依頼後は複数の買取店から電話連絡が入りますが、JADRI(日本自動車流通研究所)の審査をクリアした優良企業のみと提携しているので、執拗なセールスをされる心配はありません。
    車買取業者から電話があった時は1社だけで即決せずに、複数の買取業者に査定依頼をすることで中古車の高価買取の可能性が高くなります。

    最大で10社が中古車の見積もり査定をしてくれるため、最高額を提示してくれた買取店にあなたの愛車を売りましょう。






    ズバット車買取比較

     ズバット車買取比較は、45秒の入力後すぐに中古車の買取相場が分かる代表的な一括査定サイト。
    提携業者も約220社と多く、複数の業者があなたの愛用を査定します。

    いくつもの車買取業者に査定の見積もりを依頼することで実際の査定額の差を比較してみることができるので、複数の買取業者に査定依頼をして長年愛用してきた車をちょっとでも高く買い取ってもらいましょう。

    累計の利用者数が100万人以上!と実績も十分ですし、カスタマーサポートも用意されているので困ったことがあっても安心です。






    楽天オート

     楽天オートは、そのサービス名でわかるように楽天株式会社が運営している車買取一括査定サイト。
    査定依頼だけでも楽天5ポイント、買取が成立すればさらに1500ポイントを貯めることができるので普段から楽天を使っている場合は利用したくなるサイトです。

    長年乗ってきた車を高く売って、さらに楽天ポイントをもらえるのは嬉しいですよね。
    提携先会社は100社以上と他のサービスと比べると少なめですが、最大で10社の買取業者が中古車の査定してくれます。

    楽天オートのサイトではディーラーでの下取りと一括査定で売却した場合の価格差がいくつか紹介されているので、一度チェックしてみてください。







    先ず第一に、車の買取においては、大手の業者と中小の業者では中古車査定時の姿勢がちょっと違ってくるのです。

    自前の販売ルートが確保できている大手の企業の場合は、同時に資金力も豊富ですから、ここぞとばかりに買い取りを進めていきます。

    他方、社で決められた基準の範囲内でしか買取価格を上下することができず、提示された価格に対して交渉できる可能性はあまりありません。

    大手の買い取り専門店と比較して小規模や中規模の場合は、オークションを利用して一つ一つ手売りする場合が大半なので、査定したスタッフの判断によるところが大きく、高く売れると判断されれば査定価格が上昇する可能性が大きいかもしれません。

    中古車を査定してもらう時には、車体の色も大きく関係してきます。

    定番カラーである白や黒は安定した人気があるので、プラスの査定になることが多いでしょう。

    定番色とは反対に原色系の赤や黄色、青などのボディカラーの場合は好き嫌いがありますので、査定時にマイナスされる傾向が出てきます。

    原色系はマイナス査定されやすいと言っても、査定価格はその時点でのオークションの相場によって変動するものなので、流行次第である特定の車体色が査定見積もりの際に高値をつけるということも起きてくるのです。

    買取店から出された中古車査定金額に自分が納得できなかったときには、売るのを止めても構わないのです。

    多数の業者に査定してもらいなるべく高値で取り引きしてくれるお店を選択して売買契約を行う方がより良い選択ですね。

    その一方で、現実的に契約を結んでからのキャンセルを行うことは不可能か、キャンセルできても賠償金を請求される事が多いでしょう。

    賠償責任の有無などに関しては契約書に詳細を明記する決まりですので、契約するときはどんな時でも全文に目を通すクセを付けた方が良いでしょう。

    使い込んでスリップサインが出ているような状態であろうと、わざわざ査定の前にタイヤを新しくする必要はありません。

    もともとタイヤというのは消耗品と考えるのが普通ですし、売却後に業者のほうで別のタイヤに交換してから売るのが極めて普通に行われているからです。

    タイヤの状態の悪さはたしかに減点対象ですが、買取額への影響はあっても極めて少ないです。

    タイヤを交換するなと言うわけではありませんが、もし交換しても査定でトクをすることは、まずないと覚えておいてください。

    車の処分を考えている際に個人ができる方法は、下取りと売却の2種類に尽きるでしょう。

    売りに出すなら出来るだけ多くの買取店舗から相見積りをとることで競争を促し、おのずと高額買取りも期待できるでしょう。

    その対極にあるのがディーラーによる下取りですが、この場合はどことも競う必要がないため、相場より安い価格になってしまうかもしれません。

    しかし同じ店舗で売却も購入も済んでしまうというのは魅力的です。

    その時の状況にあわせて柔軟に選択すると良いでしょう。

    車体のキズやへこみ、塗装の擦れなどは買取額の見積時に隅々まで確認されるのが普通です。

    あからさまに分かるキズはマイナス点となり見積額に響いてきますが、言われて初めて気づくような薄いキズ等はあまり査定には影響しないようです。

    いざ査定となると今まで気にならなかったへこみや小傷までもが目についてくるものですが、仮に修繕に出しても修理屋が身内価格でやってくれない限り、査定アップで修理代をまかなえる可能性は「十中八九ない」と断言できます。

    個人と業者では修理コストが違うのですから当然です。

    自分で所有する車を売ろうとするときには、必要書類の中に車庫証明は入っていません。

    でも、新しく購入した車に関しては、車庫証明の手続きをしなければしけません。

    これは販売店側で代行サービスを行うケースが多いですが、自分自身の手で手続きをしに行くことも出来ますよ。

    ちょっと手間はかかりますが販売店側に手数料を支払わなくても構わないので、挑戦しても良いのではないでしょうか。

    車庫証明の取得に関しては、以前所有していた車をどうしかの説明が必要ですから、車の売買契約書を持って行きましょう。

    家族名義の車や別居の親族の車なども売却のための書類さえ揃っていれば売ることはできます。

    普通の売買手続きで必要な書類に加え、現在の名義人の実印が押印された委任状と、印鑑証明書、売主に車を譲渡したことを証明する譲渡証明書の3つが必要です。

    ただ、所有者が故人のときは、これらの書類を書いてもらうことは出来ません。

    このときは、売るためには名義人の移転登録をする必要があります。

    一般的な売却と違い、亡くなられた方名義の車というのは必要書類も多く、手続きには時間がかかると見ていいでしょう。

    自己が所有する中古車を売ろうとするときには、故障している箇所があるのならば正直に業者に伝えるべきです。

    そうは言っても、前もって修理することはしなくて良いです。

    どのような故障かによってマイナス査定される程度は異なりますが、それでも前もって修理に出しておくことはかえって得にならないことがほとんどなのです。

    買取業者が故障車を修理に出す費用と事前に一個人が故障箇所を直すのにかける費用とでは、業者が修理を依頼する方が大幅に安いです。

    結局のところ、あらかじめ修理した費用以上の査定額アップは望めないため損してしまうのです。